「台湾文学連続講座 フォルモサからの風」開催のお知らせ2015年04月30日 09:14

台湾文学連続講座 フォルモサからの風

台湾文学連続講座 フォルモサからの風

台湾文学連続講座「フォルモサからの風」(全3回)を開催します。

フォルモサ(formosa)とは台湾のこと。ポルトガル語で「麗しい(島)」という意味です。


第1回 5月9日(土)pm2:00~


朱天心(作家)
「ここに恐竜あり──台湾文学のいま」

天野天街(劇作家・演出家)
「呼吸する字幕──台北公演のこと」

第2回 6月6日(土)pm2:00~


胡淑雯(作家)
「言葉を失う痛み、記憶する難しさ」

聞き手 三須祐介(立命館大学文学部准教授)


第3回 6月27日(土)pm2:00~


封徳屏(文訊雑誌社 社長兼編集長)
「台湾独立系書店の魅力ふたたび」

聞き手 石橋毅史(ノンフィクションライター)


会場 ちくさ正文館本店 2F

主催:愛知大学国際問題研究所
共催:あるむ
協力:ちくさ正文館本店/シマウマ書房


定員は各40名、入場無料です。


詳細 あるむHP

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://arm.asablo.jp/blog/2015/04/30/7623887/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。